大山さんのメンタルサポート

メンタルサポーター・マインドブロックバスターhttp://kaunse-navi.com/map/detail/id/1546/

大山さんのストーリー1から見る(ブロック参考例)*閲覧注意*

ご喜元いかがでしょうか全国の心理カウンセリング専門家の検索、求人、無料相談受付中【心理カウンセリング相談.COM】

 

アダルトチルドレンの誤解を解き 本来の『私』の愛と幸せ自由を手に入れる』

 

メンタルサポーター・マインドブロックバスター大山桃子です。

 

 

 

大山さんの幼少期のストーリー1(0~4歳頃)

 

当時は母方の実家で暮らしていた

 

父・母・祖父(母方)祖母  母方の家は当時アパートとか経営していて

持ち家もあったようだ。

母方祖父母が頑張って築き上げたと思われる。

 

父の実家は早くに祖父が亡くなり父方祖母が母子家庭で生計を立てていたようで

苦労が絶えなかったと想像される。

 

私が生まれたころは父は鉄鋼業の工場で働き

母は店を経営していたようだ。(たぶんスナック)

 

幼い頃の記憶と言えば

祖父は家の前の椅子に座り昼間から酒を飲んでいた。

私がじっと見ていると『味見てみるか?』と言って私は少しなめてみた。

祖父はスプーンを使ったマジックを見せてくれた事もあった。

何も模様のないスプーンをスープの中に入れると模様が出てくるというものだった。

それ以外の祖父の記憶は無い。

祖父は私がたぶん3歳ごろに亡くなった。

 

祖母の記憶

祖母は私に『灰皿を持っておいで』と言い私が灰皿を持っていく際横にあったマッチを一緒に

もっていくと『犬よりましや』と喜んでいたのを覚えている。

『犬よりまし』の意味は当時の私は謎だったが祖母が喜んでいるので誉められたと思った

けどこの『犬よりまし』インパクトが強かった。

 

祖母=灰皿=犬よりまし  犬よりましな私  私の比較対象犬 『ウ~~~』

 

祖母に連れられて叔父(母の一番上の兄)の家に行った時異様に広い玄関に異質な水道の配置に心奪われたのを覚えている(なんで?なんでこんなところにホースあるん?なんかおもろい⤴)どこに行っても皆に愛されている感があったように思う。

 

母の仕事は夜だったので夜はこのころ祖母(母方)が私を見ていてくれたのかも

そんな祖母も私が幼稚園に行く前頃には他界。

 

 

母は仕事で夜遅かったため昼頃までは寝ていた。

父は仕事に出ていた。

私は家で一人の時間を過ごす事が多くなった。

 

母を起こしてはいけないのでお腹がすいたらごはんにマヨネーズをかけ一人でご飯を食べ

一人でテレビを見たり外で遊んだりしていた。

 

そんな時私は近くにあった駄菓子屋に行きたくなり

駄菓子屋に行くため寝ている母の財布からお金を持ち出した。

当時のお札い500円札だったように思う

駄菓子屋のおばさんに『一人できたん?なんでこんな大きいお金持ってんの?!』と聞かれ

なにか自分は悪い事をしたのだと思った。

 

外で一人で遊んでいた時手に怪我をした。

(泣いたら怒られる泣いたらママが起きるママを起こしてはいけない)

手から流れる血は私の恐怖と混乱をあおった。

『どうしたらいいんやろう・・・痛い 怖い・・・』

泣くのを我慢していたけど我慢できなくなった。

母は私の鳴き声に気付きヒステリックに叫んだ『何してんの!?』

 

今なら当時何が起こっていたのか?理解できる。

 

ただ当時の私に芽生えたのは劣等感だった自分はなにかほかの子とちがう

いつもママが怒るのは私が悪い子だからハッキリとそう解釈したわけではないけれど

何か違う そう思っていた。

ある日近所のお寺に住む女の子の家に遊びに行った時なんとなく確信した。

私は母に対して強い口調でなにかを言ったことがなかったのに対し彼女は母親に向かってとても強い口調で話した『なんでこれがこうなるのよ!』(みたいなこと)その母親は

笑顔で『なんでやろうね~』(みたいなこと)を言っていた。そこの親子関係を見た時

私は衝撃を受けた。

 

(え?!そんなん言うても怒られへんねんや)

 

それは私にとってはやっぱり『私は悪い子』だからいつも怒られるんや

という確認作業のようなものになっていた。

 

 

母の口癖は『ピーピーピーピー泣きなさんな!パパに言うよ!』

お出かけの時のセリフは決まっていた。

母は外ではヒステリックに叱る事はなかった。

『あとで帰ったら覚えときなさいよ!』(誰にも気づかれないよう小声)

 

 

広い視野で当時起った事を見ると喜劇にも悲劇にもできるけど

幼少期は視野が狭いから誤解もいっぱい恐怖もスゴイ

『私が悪い子ってばれたらどうしよう』

 

母のセリフ集

『ピーピーピーピー泣きなさんな!』

『パパに言うよ!』

『あとで帰ったら覚えときなさいよ!』

『なんで○○なん?!』

『いう事聞きなさい!』

『何回言うったらわかるの!』

『ホンマはあんたは橋の下でひらって来た子』

『恥ずかしいからやめなさい!』

『いい加減にしなさい!』

『うるさい!』

『わがまま言うたらアカン』

『お口キュッとしめなさい!』

『髪の毛切るよ』

『あんたの手も切ったろか』

『パパも出張中やしあんた殺してママも死ぬ』

『あんたと居たら恥ずかしい』

『大きくなったら整形せなあかん』

『洗い物しなさい!』

『見てわからんもんは聞いてもわからん』

『なんでそんな事すんの!?』

『あんたのいう事は意味が解らん』

『字きたない』

 

『橋の下』のくだりは昭和の子供はまぁまぁ言われてるかも

本当のお父さんとお母さんがどこかに居るかもとふと思った事もある。

 

『私』という存在の初期設定にこれがインプットされていた。

大人になってみて当時の状況をみるとお母さんもなんか大変やったんかな~

とか顕在意識で思っても

無意識レベルの『反応』として人間関係にとっさに出てきたり無意識の劣等感になって居たり。

 

ただこれ親が悪いとかなんとかじゃなくて

代々受け継がれてきた劣等感のリレーみたいな事になっている。

 

 

私の潜在意識に入っていたもの

 

『邪魔してはいけない』『起こしてはいけない』『泣いたらあかん』

『一人の私』『痛くて怖い思いをしても助けを求めてはいけない』

『悪い子』『悪い子だと言いふらされたらどうしよう』

『比較対象犬』『今は良くても後からひどい目に合うかもしれない』

 

 

これによって『反応』する出来事事例

 

『邪魔してはいけない』→邪魔する人を許せない

『起こしてはいけない』→『起こされると不機嫌または起こせない』

『泣いたらあかん』→『泣くのを我慢する』

『一人の私』→『グループや仲間等に違和感』

『痛くて怖い思いをしても助けを求めてはいけない』→すぐに助けを求める人に対していらだつ

『悪い子』→何か言われたら『どうせ私が悪いって言いたいんでしょ』と受け取ってしまう。

『悪い子だと言いふらされたらどうしよう』→嫌われる恐怖→生きていけない

『比較対象犬』→犬の方が私より大切にされている気がする。犬以下かもしれない『ウ~~』

『今は良くても後からひどい目に合うかもしれない』→安心して喜べない楽しめない

 

 

 

アダルトチルドレンのブロックだらけだった

大山さんのストーリー参考に『私』の中のブロックを見つけてね。

 

わかりにくい人は一緒に探して解除しよ~♡

 

 

 

 

*3分に1個心のブロックを解除するマインドブロックバスター*

 

遠隔(電話・メール)もOKです。

 

 

 

 

マインドのブロックとは

 

本来の『私』を生きる上で妨げになっている『心のブレーキ』です。

 

これまでのトラウマやネガティブナ感情、

 

時には成功体験までもが心のブロック、

 

ブレーキになってしまうのです。

 

この心のブレーキが何かやろうと折角思っても、行動を制限したり、

 

 

日ごろの自分の表情や態度を作ったりしてしまい、

 

人間関係のトラブルのもとになったり・・・

 

つまり うまくいかないのは心のブロック

 

が原因だったのです。

 

では それを単純になおせばいいではないかと感じますよね?

 

 

ところが

 

『自分でも気づかないうちに』

 

『知らず知らずのうちに』

 

心のブレーキが働いてしまうからやっかいです。

それは多くの場合

心のブロック、ブレーキが 潜在意識にあるからです。

 

潜在意識とは、過去における考えや、心構えや、欲望の大きな貯蔵庫で、その数百万にのぼる整理棚には毎日の生活の中で、読んだこと、聴いたこと、観察したこと、受けた印象、考えたことが貯蔵されています。 潜在意識は創造的な洞察力や、直観力の無限な宝庫です。 潜在意識は、本質的に自在に発揮できる力をもっています。)

 

 

 

*今気になっている事

 

*悩んでいる事

 

*いつも同じパターンに陥ってしまう事

 

*過去のトラウマ

 

*忘れられない事

 

 

等々を3分に1個という速さで解除します。

 

 

大山さんに・問い合わせ・申し込みメールはooyamamomoko@gmail.com☜こちら

 

大山さんに・問い合わせ・申し込み電話は090-1159-2845☜こちら

 

詳細はコチラをみてみてね↓↓↓

http://ameblo.jp/1839momo/entry-12251710512.html

 

 

 

 

 

 

 

 

必要な方に届きますように・・・

 

 

 

 

 

←必要な方に届きますようクリックしてくれたら嬉しい~(^◇^)
にほんブログ村


1982年より
スピリチュアル研究
多くの人々の人生相談をボランティアで行う
2008年より
芦屋ヨガ善にてハタヨガを習得
2011年
NPO 法人セカンドライフネット心理カウンセラー養成科卒
同年カウンセリングワンダ設立 
2016年

『3分で1個心のブロックを解除する』マインドブロックバスター取得
 

 

 

アダルトチルドレンの誤解を解き 本来の『私』の愛と幸せ自由を手に入れる』

 

メンタルサポーター・マインドブロックバスター大山桃子です。

 

 

大山さんに・問い合わせ・申し込みメールはooyamamomoko@gmail.com☜こちら

 

大山さんに・問い合わせ・申し込み電話は090-1159-2845☜こちら

 

詳細はコチラをみてみてね↓↓↓

http://ameblo.jp/1839momo/entry-12251710512.html




あなたのお電話お待ちしていま~す。メールもOK!



まずはお気軽にお問い合わせください。


 

#ハッシュタグ

#杭瀬#佃#尼崎#千船

 

***必要な方に届くよう

リブログ・FACEBOOKツイッター・B!ブックマーク(ページの一番下)

をクリックしてもらえたら嬉しいです***